なんでここにきたのか

こっちに来てからたまに思い出す。私が日本で実家暮らししていてどれだけズボラな生活をしてたか。

両親は共働きでおばあちゃんが家事をしてて、お金には困らずこたつで寝てれば勝手にごはんが出てきた。

自室は本当に足の踏み場がないほど汚くて趣味のもので溢れかえっていて、掃除の仕方も分からなくて物だらけの部屋でゲームして漫画読んで毎週映画館に行ってライブに行ってお酒を飲んで遊んでいた。

会社員時代はとにかく毎日退屈でいかに仕事してるふりをしながら時間が過ぎるのをじっと待っているか、みたいな感じだった。

 

私は英語がわりと話せるのでとりあえず英語圏に行けば仕事なんてサクッと見つかってすぐに安定した生活ができるだろうと思っていた。

そしたらまぁ履歴書を書いて、学校の先生に添削してもらって、完璧、あとは配り歩くだけ、ってところでなかなかお店に出向いて履歴書を手渡すことができない。いきなり何のアポもなく「マネージャーいますか?仕事探してるんですけどお話できますか?」って殴り込みにいくスタイルが本当に怖くて難しかった。

結局、日本人が受かりやすそうな日本食屋さんとか、学生時代にバイト経験のあるコンビニとか居酒屋とかを回った。Hiring! Staff wanted!とか張り紙のあるところしか声をかける勇気が無くて、全部で10枚も配れただろうか?一桁かもしれない。すごい子は1日に30枚は配って100件近く回ったとかいう超人もいたなぁ。

 

やっとバイト面接の電話がかかってきても、相手がイギリス英語・早口のアイリッシュ英語だったりすると全然聞き取れない。アメリカ英語には慣れてるけどこっちの英語の発音に慣れるまで時間がかかった。電話は超こわかった。

シェアハウスの子たちのアドバイスで、電話が聞き取れない場合は「今ちょっと忙しいんで後でメッセージもらえますか?」で切りぬけろ!というのを教わった。みんなも困ったら使ってみて。笑

 

着いて早々に仕事を見つけられるとタカをくくってたので正直お金をそんなに持ってきておらず、最初はもう臓器を売るか体を売るかしかないと思ってちょっと検索してしまった。まぁそんな闇の仕事うまく見つからなかったし、見つからなくてよかった。

 

そしたら今親友とも言える友達ができて、アマンダとルーカスとパウロアイルランドの生活について困ったことがあったらいつも助けてくれた。

 

外国人登録やPPSナンバーがまだ取れてなくてもできる仕事とかを教えてくれて、ちまちまお金を稼いで食いつないでいた。

最初はお掃除のバイトで、前にも書いたけど本当にきつかった。マジで掃除が嫌いでやり方も全然分からないのに、相手はプロが来ると思ってかなりの内容を押し付けて来るから泣きそうになることもあった。

 

なんで時間内にできないの?なんでここが終わってないの?遅すぎるんだけど?って言われて怖くて、謝って、タダで時間延長して、それでも文句言われて半額に値切られて、5時間近く掃除して2時間分のお給料しかもらえなかった時がきつかった。

 

でもそんなこんなで掃除に慣れた。笑

トイレ掃除もお風呂掃除もキッチンもフロア磨きも窓ふきも、ハァハァ言いながらもうまくできるようになった。

初めて「上手だね!」って言われてもらえたチップが超うれしかった。

 

アイルランド人はフレンドリーで優しいよ!って聞いてたけど、お客さんに何度も怒られて、アイルランド人がフレンドリーなんて全然信じられなかった。アイルランドこわい早く帰りたいって最初はずっと思ってた。

 

で、今のバイト先 おすしやさん

10月から始めたのでもうすぐ2ヶ月経とうとしている

ユニフォームの着方とか掃除とかかなり徹底して厳しくて、こんな厳しいバイト日本で経験したことがなくて本当に戸惑った。

最低賃金で働かせといてこんなことまで要求するの?!?!と思ってかなりイライラしながら働いてたけど、少しずつ慣れてきて余裕でできるようになってきた。

ここでも本当に毎日毎日怒られて気が滅入っているけど、掃除がちゃんとしてない テキトーな汚い職場よりも全然良いと思えるように、なってきた、たぶん

 

ほんの小さな水滴ひとつでも落としたらすぐに拭けって言われたり、テーブルや椅子だけじゃなく床も壁も窓も、トイレは便座の隅々まで抱きかかえるようにしてピカピカに磨かされ、あらゆるスペースを完全に吹き上げないと帰れない

毎日先輩にチェックされて、「ここ指紋残ってる、吹いて」って言われて

こんなのお客さんも見えないよなんでこんなに厳しいんだよって苦しい泣きそうな気持ちで毎日床をこすっていたけど

まぁそのおかげで日本にいたときのズボラな私からは想像できないくらいちゃんと掃除をするクセがついて、家でも食事をしたら5分以内に食器を洗ったり、シャワーを浴びたら一通り壁を流してシャンプーの裏をツルツルにして排水溝の髪をすくい取って捨てて、毎日綺麗に生活できるようになった。

 

あとはダブリンバス

これが本当にひどくて、日本じゃ考えられないほどぐちゃぐちゃに来る

一応時刻表はあるけど、そんなの目安でしかなくて 時間より前に着いても勝手に出発するし、電光掲示板で「あと2分」って書いてあっても15分後に来たりするし、マジで訳が分からなくてこれに振り回されて学校やバイトに遅刻するパターンが多い。

 

だから本当は20分もあれば着けるはずのバイト先にも、1時間前には家を出て超余裕を持って到着するようになった。

 

私はなぜアイルランドに来たのか。本当のところは自分でもよくわからないし、こっちで知り合ったひとたちにその質問をよく聞かれるけど 別に英語の勉強に来た訳でもないし、なんなんだろう、日本の生活に疲れてリラックスしに来ました〜 ヨーロッパ旅行たくさんして満喫します!とか答えてたしそれもそうなんだけど、、

実際私がここに来た理由で最近思うのは、大人になる修行をしにきたって感じがする。

掃除洗濯料理仕事 いろいろこなしてやっと大人の人間に近づいている気がする

今まで本気でまだ8歳ぐらいの気持ちだった

はなくそほじってアイス食べてこたつで寝ながらゲームしてた

やっと本当の27歳になれたのでは?という実感がある

 

正直、帰国子女という免罪符のおかげで受験というものを経験したことがない。就活も身が入らず、結局親のコネでサクッと自動車メーカーに入社してしまったし。

これまでの人生で地獄のように苦しんでなにか手に入れたことってあったっけ?と思う。今がそれなんじゃないかと。

そんな後付けの理由で、アイルランドに来た意味を考えてみただけのお話

 

あまちゃんすぎてなんでもすぐ嫌になって辞めてしまうんだけど、アイルランドワーホリだけは諦めず一年間貫いてみようという気持ちがある。別になにか人間的に成長しようとか大きな目標がある訳じゃない。暇だから来てみただけ。それだけかも。実際それでもいいんじゃない?

ルーカスかわいい

僕のしんゆうのアマンダとルーカスは恋人同士です

二人はもうすぐ上海に引っ越していきます

中国語はまったくできないけど、英語の先生として雇ってくれるところを探すらしい

そしてお金が貯まったら日本に引っ越すんだって

二人の最終目的地は日本だから、日本でまた会おうねって

さみしすぎる 何年後になるのだろう

 

 

ルーカスはとてもルックスが良くていつも目の保養にしてるんですが

いま家の人たち全員風邪ひいてて 咳ゴホゴホでやばいので

せき止めのシロップ買ってきてくれてねぇ

 

「みき〜 シロップ飲んで、一日2回だよ」

って言って、スプーンをわたしの口まで運んできて

あーーん!ってやってきた!!!!!!!!!!

 

ルーカスにあーんされた!!!!!!!!

 

ルーカスが!!!!!!!はああああ、、ああ

 

アマンダごめん!!!

君の彼氏に落とされかけた…

 

このときめきは中学生以来?

 

 

こんなにルックスが整っているのに中身はキモ・オタクです

さっきも とある魔術の禁書目録(インデックス)の話された

 

 

そしてルーカスのフェイスブックのヘッダー画像これです

 

f:id:hamtarosan:20181122011319j:image

 

 

これなんのアニメ?教えてキモ・オタクの人たち!

 

 

 

最近のわたしはすっかり節約モードです

 

バイトでしか外出しない

 

おかねないのにパウロに600ユーロ貸しちゃった

(わたしもまえ300ユーロ貸してもらったからお互い様)

 

ブラジル旅行行くまで節約モードでだらだらアニメ見て引きこもる生活が続きそうです

 

日本にいるときと変わりません

 

こたつほしい。

私の新居のここがクソ!

 

 

・家賃 350ユーロ

ダブリンにしては安めだが…

 

・治安最悪

ダブリン8、治安が悪いことで有名なギネスハウスストアにほど近い

友達はルアス(路面電車)で帰宅途中、駅で集団暴行に遭った

ドラッグの取引も行われている場所

飲酒して絡んでくる危ない人が多い

ティーセンターへのバスの選択肢が少ない

13と40のバスだけなので 一本逃すと次のやつに15-20分も待つ クソ不便

 

・ボロすぎる

ヒーターがつかない 寒すぎる

いろんなところをガムテープとかで直してある

お風呂場がちゃんと閉まらなくて隙間風が入る

日当たりが悪くて湿気が多い

洗濯物が一生乾かない 三日前に干した洗濯物がまだ超濡れてます

食器、カトラリー、キッチン、ぜんぶ小汚い、欠けてる、取っ手のないフライパン、焦げ目の取れない鍋、曲がってるスプーン

家の設備に不具合があってなんども掛け合ってるけど何の反応もない家主

 

・4人で1部屋共有

プライバシーは無い

収納が少なすぎる

 

 

 

こんな家に350ユーロも払ってるの意味わかんないです

仲良しの友達と暮らしてるからなんとなく目をつぶれているだけ

 

いろいろ事情があってもう1ヶ月はここで暮らさないといけない

本当に引越しはクソクソ大変なのでもうやりたくないが、ここからは出たい

 

クソです

銀行口座がつくれました

アイルランドの銀行口座を手に入れたよ〜/

 

こんなの攻略本ないと口座ひらけねえよ

って思います

 

【給料GETまでの道のり④】銀行口座開設まとめのまとめ的な - アイルランドワーホリDAYS

 

私の攻略本はこちらです

ブログを書いてくださったりんこ様本当にありがとうございます…

 

 

私が銀行口座取得までにかかった流れ

 

 

アイルランド上陸(7月11日)

GNIBアポイント取れた(7月26日)

定住の地を見つける(ホームステイ終了)(8月25日)

GNIBカード入手(9月18日)

バイト開始(10月15日)

PPSカード入手、Revenue登録(10月18日)

Revenueに勤務先の情報を入力してTax Credit Certificate入手(10月25日)

銀行口座ゲット!!!!!!!、!!

 

 

すべて必要なステップで、この通りの流れを踏まないとダメです。(ワーホリの子は。)

 

AIBで作りました!

Bank of IrelandもUlster Bankも無理でした!

本当にクソです!

 

AIBで作る場合は、朝10時に行くと作ってもらいやすいです。(最初に行った時、いま人手がないから明日の10時にまた来て!12時から14時は対応できないから気をつけて!って言われた)

ほかの銀行は知らないけどとりあえず

①パスポート

②Tax Credit Certificate

③携帯電話 一応

を持っていけばなんとかなりました。

 

本籍はどこ〜?どこで働いてるの?ベーシックの口座でいい?とかいろいろ聞かれて最後にサインして終わり

銀行に着いてから30分ぐらいで作れました

 

 

 

 

学生ビザだと学校のレターがあればサクッと口座作れるみたいなんですが、私は学校行ってないから難しかったです。

 

学校行ってる間に作ればよかったやん!って思うじゃないですか。

無理だったんですねぇ〜〜〜〜!!!!!!!

 

学校に住所証明のレター書いてもらおうとしたんですが、当時ホームステイしてて

「あなた1ヶ月しか滞在しないホームステイ先の住所で口座作れると思ってるの?むりだよw」

とか言われて書いてもらえなかったクソが〜

 

これでもう学校のレターで口座開く道が閉ざされたので、仕事見つけてPPS取得するしかなかったんです!!!!!!

 

 

そもそも日本にいるうちにGNIBの予約を取るという頭がなかったのではじめから詰んでましたね!

 

私みたいに時間かけたくなかったらGNIBもPPSも日本にいるうちに予約しときましょう!!

本当にその後の生活が楽になります。

 

 

はぁつかれた!

 

とりあえずお給料もらえる目処が立ったのでうれしい。

 

 

アイルランドに来てみんなが苦しむであろう

家探し・仕事探し・銀行口座

を全て終えたのでホッとしています。

 

引越しを何度も繰り返して家探しのコツもつかんできたので、もっといい条件の家を探してもう少し頑張ります。

無職でもPPSNが取れる件

GNIB/IRPが無事に取れた方、おめでとうございます。次なる関門はPPSナンバーでしょうか。

どこのブログを読んでもPPSは仕事を見つけてからreference letterを書いてもらってようやくもらえるとしか書かれてないですね。

私はバイト探しをしている中で、面接まで行ったのにPPSを持ってないことで門前払いされたことが何度かあります。

こっちはダブリンで働いたことがないからPPS持ってないって言ってるのに!!!いつになったら仕事見つかるんだ涙 と嘆く日々でした。

 

少し前までは仕事が無くても簡単に取得できたらしいので、雇用主によってはまだ「ジョブレターがなくても取れるっしょ?」みたいな認識でいることがあり、分かってもらえません。

 

という状況で苦しんでいたところ、シェアメイトにとある方法を聞きました。

 

「こっちでレンタカーして旅行行きたいからPPSがほしい〜って言ったら普通に取れるよ。」

 

マジか…?って感じで半信半疑だったものの、ほかに方法がないのですがる思いでアポを取って彼のいう通りにしたら確かにPPSがもらえました。

 

必要だったもの:

・GNIBカード本体

・GNIBカードが届いた時のレター(住所証明に使えます)

・Application for a driver theory test

印刷して記入を済ませてください

f:id:hamtarosan:20181025101428j:image

・パスポート

・携帯電話

なんかショートメールを送られて番号の確認みたいなことさせられます

※国際免許証等は必要ありませんでした

 

 

●流れ

MyWelfare, Department of Employment Affairs and Social Protection - Online Services

IRP/GNIB を予約できたらすぐさま、IRP/GNIB の日以降で Mywelfare の予約する

※住所証明の書類(大家さんのサイン付き光熱費のbill・学校からのレターなど)がある方は良いですが、無い方はGNIBカードが届いてからが安心なのでGNIBの予約の一週間後以降にすると良いと思われます。

上記の書類を準備

【当日】

予約したオフィスへ行く

レセプションで受付

番号をもらったら書類に記入しながら待機

→PPSN取得の目的を書く欄には”to drive”と書けばいいです

(母親の旧姓とか日本での個人番号とか書く必要性が分かりませんでしたがとりあえず埋めました。マイナンバーとか免許証の番号書いとけばいいっぽいです、よくわかりませんが)

(書類の最後に自分のサインとwitnessのサインが必要で、たまたま友達と来てたからサインしてもらえたんですが一人で行った場合はオフィスの方がサインしてくれるらしいです)

自分の番号が呼ばれたら個室へ。

パスワードを設定したり証明写真を撮られたり。

パスワードを思い出すのに使われる2つの秘密の質問を設定しろとか言われます。

子供のころの親友の苗字は?とか小学校の名前は?とか

 

そして手続きはサクサク進んで無事に昨日、PPSナンバーが自宅に届きました。

 

 

 

仕事が見つからない、やたらと面接で落とされるという方、PPSを持ってないせいかもしれません。先に持っていると安心ですよ。

 

以上です、、、

 

 

 

記事編集にアドバイス下さったotsukaさまありがとうございました。(2018.10.25 9:15再編集)

バイトの覚書き

ダブリンシティーセンターのスシバーにて働き始めた。

いろいろ覚えなきゃいけないことを覚えられなくてよく怒られるので自分用の覚書き

 

・朝出勤したら寿司を順番に並べてネームプレートをつける

金額の同じものが横にならないように並べる

・味噌汁を作る 100カップぐらい

・えだまめの水分を切ってパックに詰める

きのうの残りを見ながら数を調整する

・13:30 お米を炊く 2800cc?(単位不明…)

シンクの残飯を捨ててきれいにする

・14:00 廃棄のトレイをラップに包んで捨てる

・食洗機を丸洗いする 最後に洗剤を入れる

・ソースを作る わさび わさびマヨ しょうゆ

・15:00 明日の豆腐を切る

・ホットフードの銀トレイを全部洗う

 

気づいたらやること

・味噌汁が足りなくなったらつぎ足す

・カウンターのフォークスプーンナイフ補充

・おすしお弁当の棚の整理 ジュースの補充

・常にレジをみて人が並んだら声をかける

・ラーメンスープの補充

 

全て清潔に 扉は開けたら閉める

 

同じことを何度も注意されないようにする😭

 

おすしの写真を撮って家で名前と場所を覚えてこいと言われた

ちょうだるい

親が来た話

ずっと離婚するって騒いでた両親が結婚30周年だしミキのこと心配だから会いに行くわとかいってダブリンに来やがりました。10日も休みを取って8日間も宿泊しにきた 長すぎる 二人とも英語が全然だめなのでわたしはずっと付き添ってアイルランドをガイドしました。自分の身の回りのこと(バイトとかシェアハウスの掃除当番)とかこなしつつ友達と遊びたかったけどわざわざ親に全部時間を割いてめちゃくちゃ尽くしてやった。初老の二人を連れて歩くのはめちゃくちゃ疲れた。

若い子なら8日もあればもっと予定を詰めて名所をたくさん回ってアイルランド全土観光行けたと思うけど、もう二人とも老人だから少し歩くだけでめちゃくちゃ疲れるし 移動中は景色も見ずにすぐ寝るし せっかくヨーロッパに来たのにお気に入りの日本食屋を見つけたらそこばっかり行きたがるし「日本帰ったらいくらでも食べれるのになんで毎日うどんが食べたいの?!?!?」と切れそうになった

ホテルの予約、ツアーの予約、ご飯屋さんを調べて案内したり観光スポットへ連れて行ったり全部やってあげて満身創痍。毎日ホテルまで迎えに行って帰りも送ってあげて万全の体制ですわ

でももっといいホテルが良かったとか連れてったご飯屋さんが微妙だとやっぱり日本のご飯がよかったとか言われてぐったりする

 

【初日】

空港まで迎えに行く

ダブリン到着、ホテルへ案内

夜も遅いのでスーパーで買い物して終わり

 

【2日目】

Phoenix Parkへ

ダブリン動物園へ案内(たまたま入場半額期間だった)

その後わたしはバイトへ

f:id:hamtarosan:20181021072446j:image

晩御飯で再合流して neon asian marketへ

 

【3日目】

Belfastのツアーへ

私は早朝から二人を集合場所まで連れて行ってバスに乗るのを見届けてからバイトへ

二人が行った場所はGiants CausewayとTitanic Museum

夜も迎えに行って、韓国料理 Arisuへ晩御飯

f:id:hamtarosan:20181021080512j:image

 

【4日目】

Viking Splash Tour

Stephen’s greenのおさんぽ

私はバイトへ

晩御飯はイタリアン Milano

f:id:hamtarosan:20181021080608j:image

 

【5日目】

ダブリン城

トリニティーカレッジ ケルズの書

聖パトリック大聖堂

案内して またバイトへ

たぶんテンプルバー周辺もおさんぽした

お城近くのフレンチ料理を夕飯に

f:id:hamtarosan:20181021080636j:image

 

【6日目】

バイト後にホテルへ迎えに行き、

父のリクエストでLuasに乗って競馬場を見に行く 馬が見たかったらしい

Arlington Hotelアイリッシュミュージック・ダンスショーを飲みながら観覧

f:id:hamtarosan:20181021081010j:image

 

【7日目】

バイト後に迎えに行って、

River Liffeyのボートツアー

日本食屋さん 買い物 バブルワッフル食べた

Shelbourne Park Greyhound Stadiumでドッグレース観戦

f:id:hamtarosan:20181021080705j:image

 

【8日目】

Galwayツアー

Cliffs of Moher

Kilmacduagh

galwayの街をおさんぽ、おひるはbunch of grapesの上のイタリアンでパスタ

f:id:hamtarosan:20181021080801j:image
f:id:hamtarosan:20181021080756j:image

 

【9日目】

出国

明日早朝起きてタクシー捕まえて空港まで送ります

やっと解放される

 

 

小さい頃から両親の仲が悪くてずっと家庭内別居で毎日喧嘩が絶えなくて本当に嫌だった

旅行中も喧嘩ばっかりでうんざりしたわ

なんで早く離婚しないの?って聞いたら、父がバセドウ病で60まで生きるか分からんからさいこまで見てやるわって言ってて だったら毎日喧嘩したり クソジジイ早く死ね大嫌い気持ち悪いとか本気で愚痴るのやめたら?ってかんじです…笑点歌丸さんと三遊亭圓楽みたいな関係だと思えばいいんですかね、保険金目当て?

 

とりあえず超ガイドがんばったわたし えらい

ツアー中とか英語で話すガイドさんの同時通訳をできるだけしたけど 訳せない言葉とかたくさんあって難しかった。親は本当に頭が悪いので噛み砕いて説明するのも骨が折れた

親孝行してくれてありがとうって言われたからよかった