セブンスター きずつかない

会社では表沙汰にされてない(上層部によって揉み消されてる)だけで、精神を病んで休職したり転部したりする人が後を絶たない。そんな風になるまで思い詰める人が今までも現在も恐らくこの先もずっといるだろうに、なぜ今のやり方を変えようとしないのかな。上に立つ人たちが皆一様にどうしようもなく下衆い。なぜあの人が部下に命令できる役職なんだろう。あんな人は抗えない大きな力で踏み潰されてほしい。

仲良しのメーカーの営業さんが鬱とヘルニアで動けなくなって退職してしまった。大好きな2年目の後輩が上司のパワハラに耐えられず会社に来れなくなった。なんでこんな人たちがいるのに会社は回るんだろう?ぜんぶ潰れちゃえよ。利益を生み出す価値がない。どこも人不足って言うけどまともに人を育てる環境が整ってない。クズ生産所になってる。私もその悲しい歯車に組み込まれて生きてるのか死んでるのか分からない目でパソコンカタカタする機械となった。みんな希望をもって入社したはずなのにどうしてこうなっちゃうんだろ。

死にたいけど死ぬのが怖い人たちのために安楽死を推奨する機関があればいいのに。人は産まれたら死ぬまで生きなきゃいけない。自分が死ぬ時期を選ぶのはとても人間らしく、尊厳に満ちた行為だと思う。生きるのから逃げるのがなぜ悪なのか分からない。生きたい人だけ生きればいい。死にたいって言う奴大抵死なない、死にたい奴は死ねって言う人たちを見返したいので絶対に自殺したい。でもそれがいつなのかわかんない。死ぬのは怖いことだと遺伝子レベルで組み込まれてるから生きてるだけで、狂っちゃえば怖くないなら脱法ドラッグでもなんでもやってやろうと思ってた。どうしたら真っ当になれるんだろ。 死にたみが強くなるとすぐこうしてブログを書く癖があるので過去記事読み返してもたいがいつまらん。中学生からこんなかんじだ。しょーーもな