断食してきたはなし

断食の効能がヤバ過ぎたので、医学的な根拠ゼロの解説をさせて頂きたい - もはや日記とかそういう次元ではない

 

このブログに感化されて、恐らく同じであろう断食施設に行ってきました。なんかよくわからないけど痩せるらしいし、三日間も断食して自分がなにを感じるのか・どう変わるのか試してみたい。一週間も休めることなんて仕事をやってるうちはありえなかった。無職の今しかチャンスがないだろうと思った。そんな感じで申し込み。

 

概要は上記のリンクにある通りなのだけど、私の所感を残しておきたいと思います。

 

まずは空腹感。一週間のうち、3日間は完全に飲み物だけで過ごすコースです。

 

1日目はまぁ想像がつく空腹感。余裕です。特に体調も変わりない。この日に口にしたのは具なしの味噌汁だけ。

 

2日目、まだ大丈夫。相部屋になった女の子と冗談を言って笑いあったりできる。胃に入れたのは、朝は人参ジュース、夜は豆乳の味噌汁(具なし)のみ。

f:id:hamtarosan:20180127152750j:image

 

3日目。朝起きれない。突然来た頭痛、吐き気、謎の気持ち悪さで、朝のヨガやお散歩といったプログラムをパスする。あまりにもだるくて横になり続ける。

この原因は低血糖です。

断食中に摂れる飲み物として、ハブ茶アルカリイオン水、白湯、ショウガ湯などかあるのですが、この中でショウガ湯には唯一黒糖が含まれており、これを飲まなかった私は死んでしまったようだ。ショウガ湯の味が好きになれずずっと飲めていなかった。もちろん黒糖の取りすぎは厳禁なので1日3杯までと言われており、体調を崩してからは3杯飲むようにした。

朝ごはん、グリーンスムージー、夜ごはん、れんこんのすり流し味噌汁。

f:id:hamtarosan:20180127155313j:image

スムージー、なんか小松菜のやつ。

 

そして前述のブログにあった性欲について。私は1mmも涌き起こらなかった。そんな気力もない。普段の性欲の10/1も無い。わたしにちんちんがあったら常にしなしなだったでしょう。

 

イス食べたい、みたいな気は起こった。ルームキーのキーホルダーが木でできており、なんとなくクッキーに見えなくもなかったので、腹が減ってはキーホルダーをかじったりした。

 

3日目は私のように体調がボロボロの人が続出するので、フルーツティーが出た。

f:id:hamtarosan:20180127160626j:image

久々の甘味、悪魔的に染み渡る。

 

 

そんな鬼門の3日目を越えると、ようやく米が食べられる4日目が来る。

じゃぶじゃぶにふやかされたおかゆと、初めて具が入った味噌汁。これだけで満足感があり幸せが体を駆け巡る。。。

f:id:hamtarosan:20180127154843j:image

お麩ってこんなにおいしいんだね・・・。

 

昨晩少しの米が胃に入ったものの、引き続き体調が悪い。昨日ほどではなかったので気功体操やヨガに参加してみたものの、だるだるでしゃがみこんで動けなくなってしまい、ほぼ不参加状態。こんな感じのわたしみたいな人がちらほらいるのでみんな同じように辛かったようだ。

 

そして夕食。

f:id:hamtarosan:20180127160202j:image

玄米のおかゆ。豆腐入り味噌汁。梅干し。

昨日よりも水分の少ないおかゆで食べ応え抜群。3日間の断食で胃が縮んで残す人すら居た。

 

 

5日目。

昨晩しっかりとした夕飯を食べたのですっきり目覚める。

朝食は玄米リゾット!やったー!

f:id:hamtarosan:20180127161252j:image

この白菜のおひたしもおいしかったなー、あと油揚げがおいしすぎる。肉厚で豆腐の味がする。

 

それから夕食。

f:id:hamtarosan:20180127161725j:image

玄米おむすびー、冷奴ー!豚バラみたいなやつはお麩。

ここまで来るとふつうの夕食。

断食で味覚が研ぎ澄まされているので、素材の味がよくわかる。薄味ってこんなにいいものなんだなぁ。

 

あとはもう最終日の豪華なご飯を自慢させて。

 

朝→晩

f:id:hamtarosan:20180127162641j:image

f:id:hamtarosan:20180127162218j:image

 

夜なんてコースです。一品ずつ出て来た。うひゃあ。とはいえ養生食なので、薄味でほぼ砂糖もなく、野菜尽くめ。

 

トドメの、出発の朝のごはん

 f:id:hamtarosan:20180127162156j:image

 

 

あーー。おなかいっぱい。

 

 

ごはんばっかりだけど、この施設は本当に素晴らしいのです。代表の創立者の生い立ちブックのようなものがあり、岩盤浴の前に足湯に浸かりながら読んだのですが、波乱万丈おもしろい人生を送られており、こんな人がこんな経緯で断食施設を作ったのだなぁとしみじみ感慨深くなる。行かれる方がいたらぜひ、あれを読んでほしい。書籍とかではなく、ワードで簡単に打ったような紙がファイリングされている資料です。

 

4日目以降、回復食が始まると、自由時間が増えていろいろと観光にも行けます。わたしはシャボテン公園で動植物を見たり、リフトに乗って富士山を眺めたり、温泉に入ったり、ろくろを回したり、伊豆を堪能しましたよ〜。

 

f:id:hamtarosan:20180127163246j:image

f:id:hamtarosan:20180127163326j:image

f:id:hamtarosan:20180127163353j:image

 

 

早寝早起き・バランスのとれた食事と運動、どれも日常生活を送る中で次第に崩れていって、精神状態にも影響してきます。こういう施設で無理やり強制してもらう中で、自分と向き合って!!!!!!!めちゃくちゃだった生活をなんとかしようって思えます。前向きな姿勢になる。

 

一週間で8万?9万?くらい、タッケェ!!と思いながら入金したけど、今思えば超安い。また行きたい。本当にあったかいところだった。リピーターも多いみたい。

もはや減量はオマケ。それ以外のなにかをたくさんもらって帰りました。

 

体重は約4キロ減、体脂肪率2%減、体内年齢4歳若返り。幸せになれる断食施設だと思う。

長いお休みがとれる方は是非行ってほしい。